スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
ただいま
ご心配おかけしました。
ロッタさん、無事に戻ってまいりました。

昨日は、電話が鳴るたびに心臓に生えた毛が抜け落ちました。
毛で覆われていたあたしの心臓も、すっかりツルツルです。
病院からの緊急電話が来なくてホッとしました。

血液検査の結果も良く、術後の食欲・元気もあるとのこと。
傷口にはテープが貼られ、エリザベスカラー(通称パラボナ)も。
術後の夕飯をすごいスピードで平らげたらしく、
その後、吐いていたとのこと。
・・・、恥ずかしいっス。
まぁ、1日ぶりの飯だったからね。お腹空いてたのね。

手術前、最新医療機器の説明を受けた。
先生からすれば、「こんだけあるので大丈夫だよ」という意味だろう。
でも、素人のあたしにとっちゃ、
「え、人工呼吸器??」
「専属麻酔医??」
と、イチイチ不安になること山の如し
まぁ、おかげで無事に手術は終わりましたが。

避妊手術をすることは決めてました。
ただ、「いつするか?」が問題で。

 初ヒート前だとホルモンバランスが崩れ、更年期の症状が出る。
 ヒート後だと乳がんになる可能性が少し上がる。

ドクターによっても言う事は違うし。
何を信じていいのやら・・・。
結局、あたしが「やろう」と決めたのは、友人G子の一言。

「大きくなってからだと、傷口も大きくなるよ」

そりゃそうだな。
G子は愛犬(ドーベルマン)の避妊手術をしたばかり。
中型犬のわんこに比べ、大型犬の傷口は大きい。
パカッと切るよりも、チョコッと切って欲しい。
結局、そんな理由でヒート前に手術しました。

ただでさえ車幅感覚のないロッタさん。
パラボナ犬となった今、まともに歩けてません(笑)
体がだるいのか、先ほどおやすみ態勢に入りました。

抜糸は12日後。
気になるお値段は、35,000円でした。


何かと交信しそうです。
あ、宇宙犬きなこちゃんかな?



スポンサーサイト
スレッドテーマ [ ペット … かわいい♪コーギー ]
07/08 14:19 | 健康管理 | CM:9 | TB:0
ロッタも避妊手術したんですね~お疲れ様~!
前記事読んでなかったから、最初の一文読んで、ロッタ病気になったのかと思ってビビったじゃないかよー!!

いや、でも、わかる。
私もおいもを避妊手術させたとき、心配しすぎて泣いたもん・・・一泊入院だったけど、おいものいない夜はさみしくてさみしくて、夫婦揃って泣いてました・・・(笑)
周りのみんなには「たかだか避妊手術くらいで・・・」て失笑されたけどね、あはは。
お帰りロッタ。
我が子のように心配だった~。
術後の経過とかこれから参考にさせて頂くわ♪

ロッタ・パラボ~ラ

きなこ何か受信してるかも(笑)
ロッタちゃん、お帰り~(^^♪
よくがんばりました。
ちょっと元気なさげの顔ですが、無事、終了して何よりですヽ(^。^)ノ
ロッタミサイル、早く炸裂してね~(^^)/
ロッタお帰り~~
(^。^)
暫くエリザベスで方向感覚がうざいけど
無事に終わって何よりです

お疲れ様ロッタ&makiちゃん
ロッタちゃん、お帰り~♪
やっぱり、エリザベスですね~っ♪
きなこちゃんと交信できましたか(笑)

傷口は少しですみましたか?
我が家も手術決断の理由は、makiさんと同じ、
「傷口が小さくてすむ」
ということでした。うちの方のドクターは、
ヒート後より前を勧めていましたよ。

今日、これからゆずの抜糸に行ってきますね♪
▼いもママ
避妊手術でも心配よね。
大丈夫!とは言われても、元気な顔を見るまでは安心できず・・。
おいも、体が小さいから手術自体が不安になるよね!

ロッタがいない日、ダーリンが早く帰って来てくれたので
まだ寂しさが薄れたけど・・、ひとりぼっちは辛いわぁ。

▼ダイズさん
無事、帰還しました。
傷はテープで見えないけど、腹毛、剃り過ぎな感じデス。
きなこ、ロッタの愚痴を受信してくれたかなぁ?

▼はせどんさん
さすがに家に帰って来た時はぐったりでした。
精神的にも疲れたんでしょうねぇ。
食欲があるので一安心です。

▼姫ちゃん
終わってしまえばなんて事ないんだけど・・、
あの不安はもう味わいたくないなぁ(涙)
エリザベス、全然歩けないから外しちゃったよ(笑)
早く元気になって皆に会いたいよー!

▼モモゆずママさん
ゆずちゃん、今日が抜糸ですか。おめでとございます♪
これで思う存分、遊べますねー。

体が大きくなれば、その分傷も大きくなるし、
縫う部分も大きいんだろうなぁ・・と素人考えで。
本当は7ヶ月過ぎにやりたかったのですが、
ロッタがムクムク成長したので、焦りました(笑)
うちの場合、しないつもりでいた当初の考えに反して、結局は手術をしてしまったので、同じするならもう少し早くすればと悔やむ気持ちはあります。
でも、しない方がいいとか、するならこの時期がいいとか、正解なんぞありゃしませんからね。
元気いっぱいのロッタちゃんは回復も早いと良いですね。
そういえば、避妊してからメルはすっかり男子にモテなくなりました。
無事に終わって良かったですね~。
色々と心配はつきものだし、迷いも多い問題ですよね。
でもロッタさんはmakiママの子だし、
1番良くわかっているmakiさんの決断が最良だと思います。

柴犬を飼っていた友達がいて、(今はワンコは実家にいて
その子とは一緒に暮らしてないんだけど。)
確か…生後1年以上経って避妊手術したら、性格が豹変して
帰ってきたんですよ。もともと病院もキライだったので、
すごいストレスだったみたいで。
子犬の時はすごくじゃれ付いてきて人なつっこいコだったのに、
術後は全然触れませんでした。人間の「手」が怖くなって
しまった様で、撫でようとしても歯を剥いてくるんですよ…。(涙)
人の犬ながらかなりショックでした。

ロッタさん、見たところ、「エッリザベースッカラー」(?)が
不満なだけで、いつもと変わらない気がする。
makiさんは傷跡が化膿しないか、痛くないか等、
まだまだ気が抜けないと思いますが、
私はなんだかロッタさんの写真みてホッとしました。
いつか、おじさんとも遊んでね。
▼メル父さん
ホント、何が一番正しいかなんて、わかんないですね(涙)
ワンコにとっちゃ、元気なのにお腹切られるわけですもん。
妊娠の心配だけなら、うちも手術しなかったと思います。
先代犬をガンで亡くしたので、せめて子宮や卵巣のガンだけ
にはならないように・・との思いです。
早くに手術するのは、乳がん予防だけですよね。
しかも100%防げるわけでもない。ホント、難しいデス。

▼Kumaさん
ドクターに「性格が変わるなんてコトないよ」笑われたけど、
絶対にそんなコト言いきれませんね!
現に、柴犬ちゃんのように人の手が怖くなっちゃうワンコも
いるんだし(涙) 可哀想にぃ~~
ロッタも飼い主の責任で、人間不信にさせた事があります。
やんちゃなロッタが一瞬にして怯え犬に・・。
あのまま人間を怖がっていたら、今のロッタはいないと思うもん。

今、ロッタは元気はつらつ暴れまくりです(涙)
傷口チャックが開くのでは・・と、また心配しております。
元気になったらおじさんにフリスビー教えてもらわなきゃ♪
お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   
http://lotta9745.blog54.fc2.com/tb.php/83-218f1ea2
* トラックバック *
template design by takamu
Copyright © 2006 takamu All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。