スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
発症から2週間
輸血、輸血で繋いできた命。
2日に1回の輸血がなければ、生きる事が出来なかったロッタ。
薬の効果は現れず、とにかく輸血のみでの延命。
その輸血もとうとう危険な状態となり、
先週の木曜に行った輸血でとうとう容態が悪化。
これ以上の輸血はロッタを苦しめるだけだと思い、
主治医に輸血の中止を申し出たその日の午後・・、
大好きなよっちゃんを出迎える為に必死に歩いたロッタの姿を見た。
必死に生きようと頑張るロッタの姿を見た時、
自分の選択が間違っていることに気づいた。
その後主治医には「出来るトコまで輸血をお願いします」と伝えた。

「もう無理しないでいいから」

と、声を掛けた木曜日の夜から今日で4日が経った。
あれ以来、ロッタは輸血をしていない。
輸血をせずとも、生きている。
数値的には輸血するかしないかのギリギリラインだ。
でも、輸血していない。でも、生きている。
輸血なしで、自分の作り出す血液だけで頑張っている。

相変わらず赤血球の破壊は続いている。
白血球の数も異常に増えている。
家の中をヨチヨチ歩くのが精一杯で、
庭からウッドデッキへ上がるスロープは登れず、
1日中寝ているだけで、常に呼吸は早い。
でも、ほんのちょっと、薬が効いているのかもしれない。

たくさん書きたいことがある。
でも、まだ書かない。
ロッタが元気になった時、

 こんなコトもあった。
 あんなコトもあった。

と、思い出して書く事にする。

今、言いたいのは、

 ロッタの為に祈ってくれてありがとう。
 たくさん応援してくれてありがとう。
 辛い毎日でも、誰かがロッタの為に祈ってくれてると思うと、
 弱い飼い主も頑張んなきゃって思えたのだ。
 ロッタ、頑張ってます。
 必死に病気と戦っています。
 まだまだ奇跡を起こさなきゃです。
 もうちょっと、みんなのチカラをかして下さい!

スポンサーサイト
04/20 22:19 | 未分類
template design by takamu
Copyright © 2006 takamu All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。