スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
神頼みでも何でも
昨日は血液検査の日だった。
赤血球数、ヘマト値(Ht)ともに、少しだけど上がっていた。

 現在のHtは28%。
 元気な時は56%(少し高め)。
 輸血が必要だった時は11%。

30%を越えると体力的にもラクになり、
40%を越えれば普通の生活が出来るとのこと。
ひとまず目標は30%超えだ。

ただ、まだ溶血は続いている。
通常の3倍ものステロイドを投与されていたのに・・。
ステロイドの副作用も危険な為、
少しずつ投与量が減らされている。
ステロイドなし、免疫抑制剤のみの服用で生活が出来るように
なればいいのだけど。

朝までもつかどうか・・と一晩中酸素スプレーで酸素を送り続けた日を
思い返せば、今のロッタの状態は驚く程快復した。
お腹が波打つように呼吸し、
数歩歩いては倒れるように眠っていて、
たった5センチの段差が登れなかったあの時。
「もう無理かもしれない」とよっちゃんに連絡した10日前。
どんなに具合が悪そうなロッタをみた時でも
「大丈夫。ロッタは絶対によくなるから!」と
アタシを励まし続けてくれたよっちゃんが、
あの日、苦しそうなロッタをみて初めて何も言えなかった。
その姿が悲しくて、本当にもうお別れなんだと思った。

アタシが色々と覚悟したその翌日から、
ロッタは少しずつ復活していった。
輸血をしなくても、何とか過ごせるようになった。
そして今、輸血は必要のない体となった。

昨日の診察の時、先生が言った。

 「お守り、ききましたね。」

ロッタの首にぶら下がるお守りの事だ。
アタシは「そうですね」と答えながら、色々な思いで胸がいっぱいになった。

お守りのおかげと、
みんなの祈りと、
ロッタの頑張りと、
そして何よりも、最悪な状態にも関わらず、
最後まで諦めずに治療を続けてくれた先生達のおかげだ。

IMG_1965.jpg
ロッタ、まだまだ頑張ろうね。



次の診察は木曜日。中2日あく。
病院に行く事が精神安定剤だったアタシは、
この3日間大丈夫だろうか(笑)?
スポンサーサイト
04/28 12:10 | 未分類
診察結果と病院について
今日は1日ぶりの診察の日。
家でのロッタは以前に比べて動くようになり、
コンビニ袋のカサッて音や、
食パンを切る気配に敏感に反応するようになった。
素人目には回復しているように見えるが、
実際に診察が終わるまで、やはりハラハラする。
先生は歯茎を確認し、「うん、貧血はだいぶ良くなりましたね。」と言い、
この日は血液検査はやめておきましょうとの事。
少ない血だからね、毎回の採血は勿体ない気がするし(笑)
そしてステロイドを少し減らしてみましょうと言った。
現在のロッタは通常の3倍ものステロイドを服用している。
副作用もあるわけで、少しずつ減らして行く方向なのだが・・、
やはりステロイドが減ると、破壊スピードも上がる可能性があり、
この辺の調整はやってみないとわからないらしい。
しばらくはドキドキの連続になりそうだ。
でも・・・。
先週までは明日どうなるかわからない状態で過ごしてきたわけで、
それを考えると、今後の治療に対する不安は小さいモノだ。
ここまでやって来たんだし、もう怖いモノはない・・はず(涙)

今日はよっちゃん夫婦がやまもとサンと一緒に迎えに来てくれ、
病院へ連れていってくれた。やまもとサンも診察があるとのこと。
恐がりのやまもとさんは、この世の終わりみたいな顔で
終始ぶるぶるぶるぶる震えていて笑ってしまった。
更に笑ってしまったのが、ロッタの診察をする時、
やまもとサンも一緒に診察室へ入れたことだ。
いくら仲良しだとしても、診察は1匹ずつが普通かと(笑)
ここがこの病院(先生)の素敵なところだ。
ロッタが入院中、よっちゃん夫婦がやまもとサンを連れて
お見舞いへ行ってくれたことがあったが(ありがたい)、
その時も極普通に会わせてくれた上、
「これからご飯なんですけど、あげてもらえますか?」と
言われたそうだ。アットホームすぎる病院です(笑)
アタシはその日の午後に面会へ行ったのだが、
「午前中にやまとが会いに来てくれたそうですね」と先生に言うと、
「そうなんですよ。やまとくんに会ってから、少し元気が出たかな」って。
うんうん、そうなんだよ。
ロッタはやまもとサンに会うと元気出るんだよ、わかってくれて嬉しい。
色んな意味で心の広い先生で良かった。
そして看護士さん達も、みんなすっごく動物が好きなのが伝わって来る。
この病院じゃなかったら、ロッタは随分前に見放されていたに違いない。

次の診察は月曜日。
ステロイドの影響が出てくる頃だ。
すごく不安だけど、でもどんな結果でも諦めない。
あの状態から復活したんだもん、絶対大丈夫!

******

たくさんのメッセージ、ありがとうございます。
絶対にお返事書きます。もうしばらくお待ち下さい。
本当に感謝、感謝です!!

また、ブログで「ロッタ頑張れ」と応援の記事をアップしてくれた
お友達の皆さん、どうもありがとう!!
みんなに応援されてるロッタは幸せ者だね♪

04/26 02:03 | 未分類
ロッタの中には・・
供血に協力してくれたワンコの血が流れています。

 月曜、病気がわかり、緊急入院。先生に輸血する可能性があると言われ、
 慌てて大型犬を飼ってるG子に供血のお願いをする。

 火曜、G子とお友達がワンコ3頭と一緒に、遥々神奈川からやってくる。
 3頭から合計1リットルの血液を貰う。

 水曜、ロッタの貧血は進み、命が危ないので輸血開始。

何かが1日でも遅れれていれば、ロッタはもういなかっただろう。
色々な偶然が重なり、ロッタは生き続けることが出来た。

3頭のうち、2頭がドーベルマン。1頭がラブラドール。
先生は「ドーベルマンの血は合わない可能性が高いが、
ラブラドールは比較的合う子が多い」と言われ、
ラブを連れて来てくれた事にまたもや運命を感じる・・・が、
何故かロッタにはドーベルのココアの血が合い、
ココアの血を輸血してもらう。

輸血をしても破壊スピードの方が早く、1週間で貰った血液が
なくなってしまう。
そしてココアには2度目の供血をお願いする。
この日、もう1頭のドーベル、ラムちゃんも協力してくれる。

その後、とうとうココアの血も受け付けなくなったロッタは
病状が悪化。もう助けるのは無理かと思ったが・・、
奇跡的に回復する。
もう輸血は必要ないと思われるが、念のため・・と、
再度妃鶴に供血を依頼。

ロッタの為に血を分けてくれたワンコ、4頭。
うち2頭の血液が合い、ロッタにはココアと妃鶴の血が流れている。

ismfileget(3).jpg
600ccもの血液を抜かれた後だというのに、
病院の床でヘソ天で寝るココア・・、か、怪物!!


妃鶴、ココア、ラッキー、ラムちゃん、ありがとう。
ドーベルの血が入ったコーギー、いや、コーグルです。
新しくドーグルとして頑張ります。


輸血後、先生に「足が長くなっちゃうかもね~」と言われたロッタ。
IMG_1912_convert_20090425133957.jpg
残念ながら、まだ伸びてません・・。



*いつも応援ありがとうございます!
 今日は午後診察です。また経過報告します。


04/25 13:44 | 未分類
小さな奇跡
いっぱいの応援、ありがとうございます。
みんなのパワーのお陰で、今日はほんの少し、いい報告が出来ます。


昨夜から何度もめくって確認したロッタの歯茎。
貧血で真っ白だった歯茎が、ほんのりピンクになってる・・気がする。
真っ白だったお腹も、ちょっとピンクに見える。
親の欲目ってこともあるし、あまり期待せずに眠りについた。

そして今日。
やまもとさんとよっちゃんが遊びに来てくれた。
発症以来、毎日病院へ付き添ってくれているよっちゃん。
ロッタの大好きなよっちゃんだ。
そのよっちゃんに、歯茎の色を見てもらった。

 「あ、少しピンクになったよねぇ?」 って返事。やっぱり?!

ちょっとだけ期待しつつ、病院へ。
入院治療を拒み、通院に変えてから1日2回だった通院が、
今日から1日1回になった。
いつも通り先生は歯茎から確認する。

 「うーん、良くなってますねぇ」

やっぱり!! 気のせいじゃなかった。
発症以来、初めて先生から明るい言葉が出た。
泣きそうになった。ロッタをいっぱい、いっぱい撫でた。

血液検査の結果、ほんの少しだけど、ヘマトクリット値(血液中の赤血球の割合)も
上がっていた。とは言っても、正常値の半分もないんだけど。
今までは輸血しても減り続けた赤血球。
それが、ほんの少しだけど、増えて来た。
薬の効果が少し出て来た証拠だ。
しかしまだ赤血球の破壊は続いている。どうにか止まって欲しい・・・。
やっと、治療のスタート地点に立つ事ができた。

発症より2週間、何一つ明るい話題がなかった。
でも今日、初めて診察室で笑顔になれた。
その明るい話を、よっちゃんと聞けたのが一番嬉しい。
今までずっと辛い話を一緒に聞いてくれてたから。

そして明日は初めて通院なしの日になった。
自宅で薬を与えるだけだ。少し、ドキドキする。
まだ治療は始まったばかりで、これからが本番だ。
だからこそ、明日は休息日なのかもしれない。
ロッタも久しぶりに1日家で過ごせる日だ。
ゆっくり、ゆっくり休む事にしよう。
そしてまた次の日から、一生懸命、治療しよう。


みんなの応援や祈りがロッタに届いたのだと思います。
本当に小さな奇跡が起きました。
これは、アタシ達飼い主だけでは起こせなかった奇跡です。
本当にありがとう。
04/22 00:21 | 未分類
発症から2週間
輸血、輸血で繋いできた命。
2日に1回の輸血がなければ、生きる事が出来なかったロッタ。
薬の効果は現れず、とにかく輸血のみでの延命。
その輸血もとうとう危険な状態となり、
先週の木曜に行った輸血でとうとう容態が悪化。
これ以上の輸血はロッタを苦しめるだけだと思い、
主治医に輸血の中止を申し出たその日の午後・・、
大好きなよっちゃんを出迎える為に必死に歩いたロッタの姿を見た。
必死に生きようと頑張るロッタの姿を見た時、
自分の選択が間違っていることに気づいた。
その後主治医には「出来るトコまで輸血をお願いします」と伝えた。

「もう無理しないでいいから」

と、声を掛けた木曜日の夜から今日で4日が経った。
あれ以来、ロッタは輸血をしていない。
輸血をせずとも、生きている。
数値的には輸血するかしないかのギリギリラインだ。
でも、輸血していない。でも、生きている。
輸血なしで、自分の作り出す血液だけで頑張っている。

相変わらず赤血球の破壊は続いている。
白血球の数も異常に増えている。
家の中をヨチヨチ歩くのが精一杯で、
庭からウッドデッキへ上がるスロープは登れず、
1日中寝ているだけで、常に呼吸は早い。
でも、ほんのちょっと、薬が効いているのかもしれない。

たくさん書きたいことがある。
でも、まだ書かない。
ロッタが元気になった時、

 こんなコトもあった。
 あんなコトもあった。

と、思い出して書く事にする。

今、言いたいのは、

 ロッタの為に祈ってくれてありがとう。
 たくさん応援してくれてありがとう。
 辛い毎日でも、誰かがロッタの為に祈ってくれてると思うと、
 弱い飼い主も頑張んなきゃって思えたのだ。
 ロッタ、頑張ってます。
 必死に病気と戦っています。
 まだまだ奇跡を起こさなきゃです。
 もうちょっと、みんなのチカラをかして下さい!

04/20 22:19 | 未分類
必死です
ロッタはまだ諦めてないよ。
一生懸命、頑張ってる。
飼い主が諦めちゃダメだよね。


貧血で今にも倒れそうな体で、
必死に立ち上がり、
大好きなよっちゃんを
出迎えに行ったロッタ。

母さんはあなたの姿を見て
「やれるだけやろう」
って気になりました。

やらないで諦めるより、
たとえ危険な輸血でも、
やってみなきゃわからない。
ほぼ確率はゼロに近くても、
何が起こるかわからない。

最後まで諦めないよ。


ロッタ、まだ一緒にいたいよ。
04/17 21:26 | モブログ
自己免疫介在性溶血性貧血
こんな名前の病気があるなんて、
1週間前まで知らなかった。
その病気にロッタが襲われるなんて、夢にも思わなかった・・。

ステップアップした治療は残念ながら効果が見られず、
昨日、主治医より「人間用の抗がん剤を使うなら早い方がいい」と
宣告された。
ずっと考えて来たコト。最悪、その薬を投与してもらおうと。
主治医はその薬を使う事に消極的。
理由は、薬が高価なコトと、薬を使っても期待が薄い状況。
友人にも相談したし、色んな情報を集めた。
そして夫と話し合った結果、

「抗がん剤治療はしない」

という選択をした。
悩んだ。すっごく悩んだ。何が正しいのかなんてわからない。

結局、あたし達が一番思ったのは、

 そろそろ家で過ごさせてあげたい。

ということ。
輸血が出来る限り、今まで通りの治療を続ける。
輸血で状態が安定したら、1泊でも家に連れて帰る。

そして昨日、1週間ぶりに家に戻った。
輸血のお陰で呼吸もそれほど激しくなく、
自分の足で立つこともできる。
ご飯も食べれる、お水も飲める。
寝てばかりだけど、病院で寝ているなら家の方がいいはず。

ロッタはこの入院で、アタシ達に捨てられたと思ったのか、
相当怒っているようで・・。
あたし達が近づくとサササッと逃げる。睨む。
スネてしまったようだ。ごめん。

今日はまた輸血へ行き、終わったらまた家に連れて帰る。
いつまで出来るかわからない。
ロッタが頑張ってる限り、アタシ達も頑張る。

神様。
そろそろ奇跡をおこしてくれてもいいんじゃないかな?

04/14 09:53 | 未分類
その後
悲しいことに、薬の効きがよくありません。
輸血をしていないと、立ち上がることは出来ません。
現在は2日に1回の輸血がないと危険です。
今後はその輸血自体も危険になるそうです。

そして今日から、別の薬の投与になります。
先生曰く、現在薬が効いていない場合、
薬を変えても効果がある可能性は低いとのこと。
それでも、ロッタは頑張っています。
だからどんな治療でも試すつもりです。
だって、ロッタは必死なんです。
アタシ達は諦めない。奇跡は起こる。
絶対に明るい報告が出来るよう、頑張ります。

輸血の協力を申し出てくださった方々、ありがとうございます。
輸血は20キロ以上、5歳未満の子と先生に指定され、
現在は友人G子のドーベルマン仲間が協力してくれています。
見知らぬ私どもに「お互い様だから」と言って
快く協力してくれた方々、本当にありがとうございます。

大勢の方から応援のメールをいただき、本当に嬉しいです。
殆どお返事が出来ず、申し訳ございません。
病状等、ここでお知らせできればと思っております。

皆に愛されてるロッタは幸せ者だなぁと羨ましく思う飼い主でした。
本当にありがとう! 絶対、奇跡を起こしてみせるよ!
04/11 15:23 | 未分類
応援ありがとう
沢山の応援メール、ありがとうございます。
趣味で適当に綴っていた日記を、
こんなに沢山の方が覗いてくれていたと知り、
とても嬉しく、そして心強いです。
皆さんからいただいたパワーで、
ロッタは絶対に復活すると信じております。

ロッタの病気は、血液中に抗体が突然出来、
それが自らの赤血球を破壊してしまう病気です。
原因はわからないそうです。
赤血球の破壊を止める為には薬が必要で、
その薬が効く確率は50%とのこと。
薬が効き出すのにも数日かかり、
現在はその数日・・の状態です。

赤血球の破壊が止まらないので貧血は進み、
ロッタの赤血球は入院した月曜日の半分以下になりました。
このままだと貧血で死んでしまう為、
昨日から輸血が開始されました。
相変わらず先生は渋い顔をしたままだし、
数値もよくない状態です。
ただ、月曜から続いていた血尿が落ち着き、
オシッコの色が黄色っぽくなりました。
多少ですが、血液の破壊が止まっているのかもとのこと。
明るい話題がなくて悲しいのですが、
オシッコが赤くないということだけでも、
アタシ達には嬉しいことです。

激しい貧血にも関わらず、ロッタは自分の足で歩きます。
そしてご飯も一生懸命食べているそうです。
ロッタはまだ、生きる事を諦めていません。
アタシ達に出来ることは、そのロッタを褒め続ける事。
そして、絶対にまた元気になると信じる事。

もうメソメソするまいと思ったのに、
皆さんの暖かい言葉でまた涙腺ぶっ壊れです。
でもこれはポジティブパワーになるのでありがたいです。
お返事で来てませんが、ロッタが元気になったら、
ロッタの笑顔付きのお返事をする予定です。
もうしばらく、お待ち下さい。
絶対、復活しますから。

ホントにどうもありがとう。
04/09 14:48 | 未分類
パワーを下さい
いつもブログを覗いてくれてる皆様、ありがとうございます。

実は現在、ロッタは病気で入院中です。
獣医さんからも「状態は厳しい」と言われています。
急性の血液の病気です。進行はきわめて早く、
薬が効かない限り、命を救うことは出来ません。
でも、まだ飼い主は諦めてません。
奇跡が起きると信じています。
またロッタが外を飛び跳ねる日が来るよう、
皆さんのパワーをロッタに下さい、お願いします。

ブログを書く気になれなかったのですが、
昨日友人達に会い、気持ちが切り替わりました。
一人でメソメソしていてもマイナスなパワーばかりが
増殖してしまう。
前向きに頑張れるよう、大好きだったブログを更新しました。
また元気なロッタを更新出来るよう、頑張ります。

*****

快く輸血用の血液を採血させてくれたワンコ&飼い主さん、
どうもありがとうございました。
見知らぬ私どもに「協力するよ」と申し出て下さった皆様、
ありがとうございます。

ロッタの輪、ワンコの輪がこんなにも力強いなんて、
泣けてちゃいます。どうもありがとう!!

ロッタ、頑張れ。
ロッタのいない我が家は広過ぎる。
父さんは生肉用意して帰りを待つって言ってるよ。
絶対、病気になんて負けないよ、頑張れ!!
04/08 10:59 | 未分類
汚してきました

曇りでも風がない日は海日和。


前日、3時間半もお散歩してクタクタだったはずなのに、
今日も海で大暴れ。
コーギーって、思った以上に体力のある犬種ですね。
海で会った2歳のワンコを連れた飼い主さんに
「まだ若いんでしょ?」と聞かれ、「3歳です」と答えるのが
若干恥ずかしかった飼い主です。

IMG_1752.jpg
うーん、いい感じに汚れてきましたね。

IMG_1754.jpg
ほら、こんなコトしちゃうでしょ?
もう絶対にシャンプー決定です。


自分を追い込むために海へ連れて行きましたよ。
帰って即、シャンプーです。全然泡立ちませんでした(笑)
フカフカロッタ、さすがに疲れたらしく、イビキかいて寝てます。
どうせ明日の朝にはクリアされてるんでしょうが(涙)
スレッドテーマ [ ペット … 犬と子供のいる生活 ]
04/04 23:47 | お散歩日記
お花見してきました

はなさんと一緒にお花見へ。

人間達がお昼ご飯を食べる間、ロッタさんは・・・?


IMG_1637.jpg
好物の枝。

IMG_1640.jpg
一心不乱にエダリング。

IMG_1648_20090404232540.jpg
ついに半笑いで枝。


IMG_1705.jpg
桜になんてまるで興味ない2匹でしたが、でも笑顔。


スレッドテーマ [ ペット … 犬と子供のいる生活 ]
04/04 23:33 | お散歩日記
ロングリードについてロッタの言い分

「ロングリードっていいよねー。
 周りに誰もいなければ、いーっぱい走れるんだもん♪」

IMG_1675.jpg
「暑くなったら勝手に日陰で休憩できるしさー」


でも、でも、でも!!

IMG_1691.jpg
「障害物があるとこうなるから厄介。」



スレッドテーマ [ ペット … かわいい♪コーギー ]
04/03 23:36 | お散歩日記
中年面倒臭がりの悩み
IMG_1310.jpg
カーテンで遊ぶはなさん。
を、冷ややかに見つめるロッタさん。
我が家の日常。


アタシ、ずっと、ずっと、気になってるコトがあります。
毎日「どうしよう、どうしよう」って悩んでます。
悩んでても解決しない、行動にうつさないと・・って、
頭ではわかってるんですけど・・・。

 
  ・・ロッタ、1ヶ月以上、洗ってないんです(大汗)


天気のいい日はぼぼ1日外にいます。
毎日散歩で芝生にスリスリします。
水たまりも意気揚々と歩きます。
そういえば、大分前に海にも行きました。


 洗ってません、胸毛がグレーです。

なんかね、ロッタをなでなですると、手が痒くなる気がします。
なんかね、獣臭を通り越して、香ばしい匂いになってる気がします。

今週末こそ、洗わねば。
これ以上放置できん!!
でも洗う前に、思いっきり汚したい気もする←貧乏性。
だ、だけど・・。
思いっきり汚した上、「なんか面倒くせぇな」って洗わない可能性大。
どうしよう、どうしよう。アタシの悩みは続く。

IMG_1267.jpg
「別にアタシはこのままでイイのよぉ~」

悩んでないでサッサと洗えって思った人、アナタは正しい。

スレッドテーマ [ ペット … かわいい♪コーギー ]
04/01 23:37 | 飼い主の戯言
template design by takamu
Copyright © 2006 takamu All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。